結婚式に着る花嫁のドレスは、挙式披露宴用と、お色直し用、また二次会用のものも必要な場合があります。結婚式で着るなら、やはり費用もそれなりにかけた上質な衣装をレンタルすることをおすすめします。また、最初に着る白かお色直しで着るカラードレスのどちらかを、二次会にも着用して出席する人が多いです。しかし、さらに三次会までという場合もあり、そうなるとレンタルした衣装ではなく、自分で用意したちょうどいい衣装を着用するのがおすすめです。白にこだわらず、自分に似合っていて、普段よりも少しドレスアップしたものが良いでしょう。花嫁はとにかくいろいろと考える必要があって大変ですが、とにかく結婚式の主役なので、自信を持って主役になれる、気に入っていて似合っている衣装を選んで用意しましょう。もちろん、美しい衣装は美しさを引き出してくれますが、花嫁自身の努力も大切です。目立つ二の腕やフェイスラインは引き締めて、背中のケアも怠らないようにしましょう。むだ毛もきれいに脱毛するか丁寧に剃っておきます。無理なダイエットはしないで、健康的な花嫁になれるようにしましょう。ブライダルエステもおすすめです。衣装に合わせるヘアメイクやアクセサリーなどもじっくりと選んでおきましょう。

結婚式に呼ばれたら気をつけたいドレス選び

幸せな二人の門出となる結婚式に呼ばれることは嬉しいものです。普段より丁寧にメイクをして、素敵なヘアスタイルでドレスを身にまとうことができる機会でもあります。せっかくのチャンスなので普段着られない可愛いもの、おしゃれなものを選びたいですよね。しかし結婚式に出席する場合、マナーがあることをご存知でしょうか。きちんとマナーを知って選び、コーディネイトしないと恥ずかしい失敗談になりかねません。ではどういった服装がNGかというと、まず全身黒です。黒はフォーマルなイメージがあるので選びがちですが、全身を黒にすると喪服を連想させるので失礼になります。明るい色のボレロなどを合わせて華やかさを添えましょう。また白やベージュは花嫁の色なので全身白っぽい服装もいけません。黒と逆で濃い色の羽織ものやバッグなどをプラスしましょう。そして出席する時間でもまた変わります。昼間の式に肩を出したドレスはマナー違反です。羽織もので必ず隠すようにしてください。二次会では昼間でも肩を出して構いません。ミニスカートや露出が多いドレスも控えたほうがいいですね。マナーを守ってその場にふさわしい服と小物で新郎新婦を祝福したいものです。もしかするとどこかで素敵な男性が見つめていてくれるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*