最近結婚式にこられるゲストのドレスが、若干マナー違反なものが増えているそうです。全身真っ黒できたり、短い丈のスカートだったり、それこそまさかの真っ白衣装だったりという驚きのマナーのない方もなかにはいるそうです。ですが、これの本当に驚くべきことは、みなさんデパートなどで店員さんにきちんと「冠婚葬祭用でさがしています」と伝えられているということです。そうなのです。冠婚葬祭によばれていまいちドレスコードがわからないからデパートの知識のありそうな店員さんにきいて購入しようとおもっているのに、店員さんがあまりご存知ないのです。これは悲しいことです。ですので、ここで改めてどういったゲストドレスだと自分も周りもその素敵な日をさらに素敵にすごせるか、おさらいしたいとおもいます。まずお色は白一色、黒一色はさけましょう。次にデザインですが膝丈くらいが理想でしょう。そして足下はヒール5センチ以上のつま先のみえていないパンプスが良いでしょう。バッグは小さめで、けっして仕事用のものなどは持ち出さないようにしましょう。そして肩だしのデザインの場合、ショールなどをしておくのが無難でしょう。結婚式という折角のお祝いの席なので、みんなでにこやかに過ごしましょう。

結婚式に出席する際のドレス選び

結婚式に招待されて、ゲストとして出席する女性は、ぜひ華やかな色のドレスを着用しましょう。黒い衣装もシックで素敵ですし、いろいろな着回しができますが、女性のゲストは結婚式を華やかにするという大切な役目もあります。男性は黒いスーツの人が多いですから、女性はピンクや青やグリーンなど、素敵な色のドレスで、場を華やげましょう。新しいものを店で選ぶときは、花嫁の色である白に近いものは避けて、さまざまな色を試してみましょう。ぱっと見て素敵だと思ったものも、着てみると似合わないとか、持っているものに似ているということも多いです。せっかく新調するなら、今までにない雰囲気のものを選んで、新しい魅力を見つけてみてください。呼ばれるゲストが以前とかぶっている場合はなおさらです。女性は意外と、友人の以前の衣装を覚えていることもあるものですから、がらりと違う雰囲気のものを選ぶとおしゃれです。もちろん、あまり肌の露出をしすぎないようにしたり、派手すぎたりしないように、品よくまとめることも大切です。肩の出たドレスなら、ショールやボレロを合わせて、合うものを一緒に購入することをお勧めします。その衣装に一番合うものを選ぶことが大切だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*