若い女性がパーティに呼ばれた場合、華やかさが求められているに違いない。たとえば、結婚式。集合写真を撮った際、新婦の友人と思われる若い女性の集団がいるかいないかで、場の華やかさが変わる。男性はスーツが一般的であるし、落ち着きを求められる年齢になったと自分が思えば思うほど、パーティのような場で着用する衣服は、色味の少ない物になっていく。だからこそ、華やかなドレスを着ることができる女性は、できるだけ華やかな物を選んだ方が好ましいだろう。もちろん、主役である新郎新婦より目立ってはいけない。目立ってはいけないが、場を明るくすることができるのは、そんな女性の特権であろう。せっかくなので、そんな機会を女性自身も楽しんではどうだろうか。普段は着ないようなきれいで華やかなドレス。きらびやかなアクセサリーに、いつもより少しだけ濃いめのメイク。髪型だって、ずっとしてみたいと思っていた髪型に挑戦することができるのだ。新郎新婦の結婚を祝う気持ちはもちろんだが、自分自身も楽しんで、いつもと違う自分を演出してみはどうだろうか。きっと新郎新婦も、そう望んでいるにちがいない。華やかなドレスに身を包み、楽しむ気持ちを持って、結婚式に出席しよう。

結婚式に出席するときのドレスの選び方

結婚式の招待状が届いて、何を着ていくかをまず考える人も多いかと思います。もちろん新郎新婦が主役ではありますが、普段の生活でドレスアップして出かける予定もめったにありませんし、参列する女性にとっても素敵に着飾って出かけられる良い機会です。頻繁には着飾ることもないので思い切りおしゃれをしたい気持ちはわかりますが、気をつけたいのが服装のマナーです。洋服店の販売員さんが「結婚式にも着て行けますよ」と言われた場合や、ネットショッピングでフォーマル用として販売されていても、実際はマナー違反だったということがあります。当日、会場に行ってから「しまった」と後悔しないために、ドレス選びの基本ポイントを確認しておきましょう。まず色について、白は花嫁の色というのはよく聞きますが、気をつけたいのはベージュなどの淡い色です。写真に写ったときに白く見えてしまうことがあるからです。実際に写ってみないとわからないでしょうが、少しでも気になれば避けた方が良いでしょう。次に柄について、バイカラーは「別れる」を連想させ縁起が良くないとされています。また、柄物もカジュアルすぎるのであまり好まれません。他の人と差をつけたい気持ちもわからなくはありませんが、目立つべきは新郎新婦です。最後に露出は控えめにしましょう。丈は膝くらいですとバランスが良いです。また、肩の出るベアトップやノースリーブの場合はショールやボレロで肩を隠せば問題ありません。新郎新婦の一生に一度の大切な一日です。素敵なドレスに着替えたら、たくさんの祝福の気持ちを持って参列しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*