レインブーツもショートが人気

かつては、雨靴、長靴といって、雨の日には水除けができるものを履いていました。しかし、昔の雨靴はおしゃれではない。小さな子供の長靴は可愛いキャラクターが付いていても、みんな同じような形でした。ですが、今の雨靴はレインブーツといい、おしゃれな言い回しになりました。さらに、レインブーツにもロングとショートがあります。見た目には水除けのものであるのも変わりがないのですが、普通に着こなす際に履くブーツのようなデザインになっているのです。ゆえに、雨が上がった際にも普通のブーツのようにおしゃれにどこへでも履いていけるのが今の主流であり、トレンドなのです。ショートタイプのは、ミニスカートにもジーンズやパンツなどにも似合いますし、見た目も可愛いので若い女性には特に人気があります。今時の靴をちょっとナイロンにした感じで、なかなかセンスあるデザインになっています。

ショート丈のレインブーツについて

最近のレインブーツはとてもおしゃれで可愛いものがたくさんあります。前までのレインブーツのイメージだと、暗めの色で長い靴が定番だったように思います。丈が長い分、水を弾く部分は多いので、雨が降った日に適してることは街がいないのですが、女性の意見としては可愛くないから履かないという方も多かったし、なにせ洋服に合わないという難点がありました。ですが今出てるレインブーツはロングだけではなくてショート丈のものも充実してます。ドット柄のような柄ものや、リボンがついてるものなどのファッション性を重視してるものがあるので、雨の日でも可愛く、そして雨水にも悩まないで出かけることができるのです。結構雨が降ってる日だと、歩いた時に弾いた雨水や、傘から落ちる雨水で足元が濡れてしまうことがよくあるので、一足持っておくと便利ですね。

1つあると便利なショートタイプのレインブーツ

雨や雪の日、洗車や庭いじりの時に、あると便利なのがレインブーツです。昔のような黒い長靴ではなく、いまはとてもオシャレなレインブーツになっています。耐水性のあるラバー素材で、カラフルなものや、見た目は普通のジョッキーブーツを変わらなく、雨の日以外でも履けるものもあります。ロングタイプのレインブーツではなく、ショートタイプのものは履きやすくて一つあると重宝します。見た目は普通のシューズと変わらないのデザインでもラバー素材を使っているので雨でもバシャバシャ歩けます。履き口が広く着脱がしやすく、蒸れにくいのも嬉しいポイントです。カラフルな色使いのものやヒール付きのもの、中敷きにイボが付いていて足裏を刺激してくれるものなど、デザインも機能もいろいろです。自分のファッションのテイストに合わせて選んでみましょう。